ホーム > 売却・購入について > 売却をお考えの方

売却をお考えの方

一戸建て・マンション・土地などの不動産売却をご検討中の方

地域密着で営業を行っている当社をご利用ください。

誠心誠意、丁寧な説明とサービスでお客様のご要望に沿えるよう全力を尽くします!

不動産を売却・活用すると一言で言っても、様々なバリエーションやメリットがあります。

ご参考に下記をご覧ください。

土地を今、売る!

土地を今、売る

所有の土地を売って購入者がマンション・ビルを建てます。

宅地用として土地の価値をアピールする方法です。

『更地にしておくにはもったいない』とお考えの方にオススメです。

土地を後で売る!

土地を後で売る

所有の土地を売って、そのお金をご自身の有用な手段に使う方法です。

用途は設定せず、とにかく売れたお金を手に入れたいという方にオススメです。

旅行やちょっと贅沢なお食事など、自分へのご褒美にお金を使ってみませんか?

所有不動産(駐車場)から利益を得る!

所有不動産(駐車場)から利益を得る

所有の土地を更地にしておくのはもったいない。

でも、所有権を手放すのはもったいない…。

そんな方にオススメなのが、駐車場(コインパーキング)にして収益を得る方法です。

土地活用としてもとても有用な手段であります。

建貸しして賃料収入を得る!

建貸しして賃料収入を得る

こちらも土地の所有権を手放したくないという方にオススメです。

所有の土地にマンション・アパート・コンビニなどを建てて賃料を得る方法です。

継続した家賃収入を得られるので、安定した土地活用ができます。

売却にかかる費用について

不動産を売却する場合は、費用の面も考えておく必要があります。

一般的に不動産は金額が大きいので、費用を予め把握しておくほうが良いでしょう。

不動産会社に依頼する際に、費用がどのくらいかかるかしっかり聞いておきましょう。

不動産の場合は、かかる費用が一件一件違うので、目安としてかかる費用を挙げておきます。

売却にかかる費用について
  • ・仲介手数料(不動産会社に仲介を依頼した場合)
  • ・契約書に貼る印紙代
  • ・測量費用(境界確定など測量の必要があった場合)
  • ・売却した利益に対しての税金
  • ・登記費用(必要があった場合)

不動産会社に仲介を依頼した場合、仲介手数料を支払います。

仲介手数料は、一般的に物件価格の3%+6万円+消費税ということになっています。これは土地売却の取引が成立した場合に支払います。

印紙代は、売買金額によって変わります。この印紙は売却時の契約書に貼付するものです。

そのほか、土地の境界などで測量を依頼した場合は測量費用、登記を依頼した場合は登記費用、司法書士への報酬などがかかってきます。

その他いろいろな諸費用がかかるケースもあります。

また、売却益が出た場合は、税金を支払う必要もあります。

売却時の税金について

税金についてよく分からない場合は、税理士に相談したり、国税庁のホームページなどで調べておきましょう。

契約時の持ち物

  • ・身分証明書
  • ・印鑑証明書
  • ・実印(名義人分)
  • ・登記済権利証
  • ・ローン残高証明書(返済予定表)
  • ・固定資産税/都市計画税通知書
  • ・固定資産税評価証明書
  • ・現況確認書/付帯設備表
  • ・管理規約(マンションの場合)
  • ・仲介手数料(買主の手付金からお支払い頂いても構いません)
  • ・委任状(どうしても名義人が来られない場合)と受任者の印鑑

決済・引き渡し時の持ち物

  • ・実印
  • ・印鑑証明書、住民票一通ずつ(登記上の住所と同じもの)
  • ・登記済権利証
  • ・鍵一式
  • ・残金の振込を希望される口座番号の分かるもの(通帳など)
  • ・仲介手数料(残金)
  • ・抵当権抹消費用
  • ・各種精算金
  • ・固定資産税評価証明書
  • ・委任状(本人が来られない場合)と受任者の印鑑
  • ・ローン完済手数料(借入銀行に要確認)
  • ・パンフレット/取説などの資料(室内に置いておいても可)
  • ・抵当権等抹消書類(借入先金融機関へ事前連絡が必要です。一ヶ月前には確認しておきましょう)

アクセスマップ

大きい地図を表示